忍者ブログ
コスプレ,ヲタ趣味,リア充に免疫の無い方は御退室願います
プロフィール
HN:
うさぎ
HP:
性別:
男性
職業:
学生です
趣味:
読書(主に漫画)・音楽鑑賞・撮影・お菓子作り
自己紹介:
名前はうさぎでも
好きな動物は猫
そして甘党

最近は主にコスイベントで
カメコをやっております
レイヤー様やカメコ様の絡みも是非
ログイン状態
かうんたー
最新コメント
[09/23 SM]
[09/22 熟女 出会い]
[09/22 出会い]
[09/22 モテない]
[09/22 童貞]
最新トラックバック
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

切らせろおおおおおおおおおおおおお

切るううううううううううううううううううううう

あああああああああああああああああああああ

ヤダああああああああああああああああああ




風呂の中でぶくぶくやっておしまい

死ねないじゃん

クズが死ねないとかクズ以下だろ

消えろよ

さっさと消えろおおおおおおおおおおおおおおおおお




死んだら逃げることになる

苦しまなきゃもっともっと

罰を受けろ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
はじめまして!(携帯から)
毎回読ませてもらっているペンといいます。
自分もリスカ常習犯だったので理由は何であれうさぎさんの痛みはわかります。
(わかった気でいるのかもしれませんが;;)

夜までは何とか自分を保ってても、
寝るとなると心臓が握り潰されそうなほど、どうしようもなくなる。
そして、そんなどうにもできない自分に嫌悪し、吐き出すために切るんでしょうか。

でもそれじゃ何年たっても嫌悪感はきえないし、うさぎさんが求める核なる部分は埋まらないと思います。
(私はそうだったんですけどね^^;)

長々と書いてしまったけど;うさぎさんに伝えたいのは、自分が「些細な傷」と思うものでも
周りに言葉で現してほしいんです。
支離滅裂でも抜け出せなくても、必ずそこから答えはみつかりますから。

それから押し付けがましいケド^^;よかったら相談にのります。
(消しちゃってもいいので!)

では長駄文失礼しましたー。

ペン 2008/05/04(Sun)06:34:15 [編集]
Re:無題
自分の切る理由は罪滅ぼしとか後悔からきてると思ってます
結局は過去が忘れられないだけなんです
何をしてもそれが紛れないので
鬱々しちゃうんです

ありがとうございます
【2008/05/05 20:34】
無題
時に死にたいときって切るという衝動がおそってきます
友達が何度言おうと言いまいとこの気持ちって
抑えられないです
死んだら逃げなのかどうかわからないんですけど
死ぬという選択肢は最大の手段だと僕は思います
かといって本当に死ぬのは止めてくださいね

なんか本当に苦しかったらいつでも言ってくださいよ
力になれるかどうかはわからないんですけど・・・
うさぎさんの苦しみを僕も分かち合いたいです
うわーすいません
失礼なこと言って・・・・・・


カタマリ 2008/05/04(Sun)08:20:30 [編集]
Re:無題
ありがとうございます

まだここに居ます
【2008/05/05 20:35】
無題
以前「死は永遠の安らぎ」と私がブログに書いた時
うさぎさんは、そうは思わないと言ってくれましたよね
とても、救われました

生きていれば、辛いことがたくさんあって
それから逃れようと逃げようとする
それが、人が死にたいと思う理由だと思います。

今辛いだけ
乗り越えれば、幸せなコトだって待ってるから
今の辛さに負けて、先の幸せまで消えないように

無理はしないでください
辛いなら吐き出してください
うさぎさんのことを心配してる人、思っている人は、たくさんいますから
話なら聞きます、辛いなら力になりたいです


・・・なんかすみません、失礼しました
常闇 2008/05/04(Sun)11:45:25 [編集]
Re:無題
謝らなくても大丈夫ですよ;

死んではいけないと言ってる本人が
死にたいと言っては駄目ですね;

ありがとうございます
迷惑かけます
【2008/05/05 20:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Photo by RainDrop
忍者ブログ [PR]